Menu

菅原 隆志サヨナラ・モンスター 本当に可能? 効果あり?

菅原 隆志サヨナラ・モンスター 本当に可能? 効果あり? はコメントを受け付けていません。

Pocket

菅原 隆志サヨナラ・モンスター 本当に可能? 効果あり?

→詳細はこちら

菅原 隆志さんのサヨナラ・モンスターが、すごいって話題だよね。

相手も話を聴いてほしかったし理解してほしかったのかもしれない。伝わって相手も態度が悪くなって喧嘩になったり。

今回このことに向き合ってみて私には「楽しい」とか「思いやり」に関することが足りないしこれが必要だなって思うようになってきました。それなのに一方的に押しつけのようになっちゃった部分があったのだと思います。

心がすごく苦しくなっていました。楽しさからかけ離れていて相手の気持ちを考えることが出来ていないから会話の最中におかしなことになっていたのだと。

直してみます。すぐ苦しみのマイナスに直結していたのは「私に原因がある」ということがわからなかったんです。

そうすればトラブルを回避できると思います。それを兄弟に求めていたようで否定されたように感じたからこちらの態度が悪くなったのだと思います。

会話の最中にトラブルになってしまう原因が少しわかった気がします。「原因は私にある。

「会話を楽しくするようにして相手の気持ちを考えることが出来るようになればいい」ということが必要なことだとわかりました。この問題から私に足りないことが少し見えてみました。

相手の気持ちをちゃんと聴いて理解してみます。相手に「否定されている」と感じさせてしまって喧嘩になった最初の部分かな?と。

次回修正してみようと思います。まだ薄っすらとですが私の反応を変えればきっと相手も変わると思っています。

」1つ私のマイナスからプラスに気づきました。(心が落ち着くので気持ちを整理しやすい)ずっと兄弟との会話の最中に同じようなトラブルが繰り返されていて嫌でたまらなかったのですがその問題にマイナス感情(苦しみ)を抱いていました。

今夜1人でいるのですが過去を思い出す曲を聞きながらサヨナラ・モンスターツールに取り組んでいます。本当は過去その時に親に話を聴いてほしかったし理解してほしかった。

ただ、そんなに簡単にいくのかは、疑問だよね・・・。

このマニュアル、

「本当のことじゃないから。なーんだ強い気持ちを持つキッカケだったのかと。

「怒り」も大切な感情の1つだ。問題はこの考え方でした。

私には「真実に関する隠れた能力」があることが少しずつ分かってきました。あと大事なことが「うそを信じる人になんて用はない。

サヨナラ・モンスターツールで1つ向き合いました。心の傷が刺激されるから「うそつき」に強いマイナス感情(怒り)を抱いていた。

大切な「怒り」の感情を「正しく」「冷静」に使っていけるようになりたい!この感情を持っているとストレスになる。それを信じた人が寄ってくると二次的にムカつくから。

」と思っていたからだった。問題はうそをついて話を作ってとんでもないことをしてくることなんだよ。

怒りを無くしたらうつ病のようになってしまうのかもしれない。私が傷ついていることを教えてくれているアラームだ!怒りは。

雁字搦めにされたんだ。安全な場所が欲しかった。

「跳ね除ける強い気持ちは私の心を守ることに繋がっている」ので私の心が1つ成長していけます。こっちから願い下げだ!と跳ね除ける強い気持ち」も必要なことだとわかりました。

今回の「うそを混ぜて決めつけて断定してくる人がムカつく」という嫌な気持ちは私に足りないこと「跳ね除ける強い気持ちを持って私の心を守ること」を教えてくれていたんだって思えた。これがストレスの元。

今回向き合ったマイナスの問題は私の弱さを知るいいキッカケでした。気分が悪い。

そうだ前は跳ね除ける力がなかった。そんなことを思っていても仕方がない。

(個人のうそはどうでもいい問題はこっちが雁字搦めになる相手の悪意のあるうそ)それ私の力で生み出していくための燃料となるのが「喜び」のような感情だとツールを使って私と向き合っているうちにわかったきた。その二次的三次的悪影響が不快だ。

子供の時にうそつきに陥れられた時などには「うそつきの言い分がまかり通る環境にしないでほしかった」と親に期待していた。うそを混ぜて決めつけて断定してくる人に心底ムカついていた。

人を陥れるうそが嫌いで真実や本当のことが好きです。相手がうそをつくのは自由なんだよ。

っていうのは、本当なの?

実はネットでも、かなり話題になってる教材みたいだから、
本当だったらすごいかも。

→詳細はこちら